喫茶うりぼう

日々の出来事を徒然なるままに綴ります。 お越しくださった方、管理人に声をかけてやってくださいませ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイチェルから学ぼう

今日ご紹介する絵本は「レイチェル 海と自然を愛したレイチェル・カーソンの物語」です。
20070606102235.jpg

小さな頃から自然を愛し、
今のように環境保護という言葉が当たり前でない時代に
人間の行いに警鐘をならしたレイチェル・カーソンの人生が
綴られた絵本です。

飛行機による殺虫剤の散布で鳥が大量に死んでしまった場面。
「人間は、いったい、なぜ、大切な地球にこんなひどいことができるのでしょうか?
すべての生き物は、複雑な命のつながりの網で、結ばれあっているのが
わからないのでしょうか?」
という文章が胸をうちます。
最後まで読むと涙が出てしまいました。

自然は人間にも必要なものだと知っていたレイチェル。
化学物質の危険を訴える「沈黙の春」を発表したとき、
”女性なんて感情的で、信用できない”などと言われ、
化学薬品会社からも強く攻撃されたそう。
でもその著書がきっかけでアメリカの環境に対する姿勢は
変わっていったんです。

この絵本を読めばきっと、普段の行動で変えるべきところが
あるんじゃないかと
自分を見つめなおすきっかけになります。

絵本とはいえ小さな子には難しい文章ですが
小学生くらいのお子様にはぜひ読んでほしい!(もちろん大人も)
自然を愛し守る気持ちをはぐくんでもらえたらと思います。

小学生の頃レイチェル・カーソンの伝記を読んだきりだった私。
沈黙の春、読もう。
スポンサーサイト

Comment

 

eriちゃん♪ こんにちは(*^^*)
素敵な作品をご紹介下さりありがとうございますm(_ _)m
私も、eriちゃん♪とリーファちゃん♪と親しくさせて頂く様になり、地球環境の事等を、漠然としたモノではなく、自分なりに、深く考え、微力ながらも、実行する様になって参りましたm(_ _)m
こちらの作品は、絵本とはいえ、考え深い作品の様ですね(o^^o)私は、お子様にもわかりやすい、以だいじょうぶ?だいじょうぶさ!とガムふんじゃったという2冊の本は、読んだ事があったのですが、こちらの作品♪是非、 チェックしてみたいと思います(o^^o)
  • posted by 梨華 
  • URL 
  • 2007.06/06 16:28分 
  • [Edit]

 

今は自然環境保護が大きく問題視されているからこそ、
人々が色々考えるようになりましたが、(それでもまだまだですが!)
もっと早くから警鐘をならしたレイチェル・カーソンは、心から
自然を愛する人だったのでしょうね。

私は島育ちの人間で、海のすぐそばで育ちましたが、お恥ずかしながら、
地元の人は海にゴミを捨てたり、油を流したりしています・・・・。
海の恩恵を受けて生活している人たちなのに、なんでそんなことを平気でできるのか、
本当に悲しいですし、同じ島の人間として心から恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
せめて自分の家族だけはそんなことをしないように口を酸っぱくして注意しているのですが
正直、私の気持ちが空回りして「なんでそんなに熱くなってるの?」って感じで見られてしまいます。
それだけ、人にこういうことを伝えるのって難しいんですよね・・・。
アメリカの環境に対する姿勢を変えた「沈黙の春」、読んでみたいと思いました。
eriさん、いつもためになる記事をありがとうございます(*^_^*)
  • posted by リーファ 
  • URL 
  • 2007.06/06 19:00分 
  • [Edit]

→梨華ちゃんへ 

梨華ちゃん、こんばんは!
この作品に偶然出会って、地球について改めて考える機会ができました。
梨華ちゃん、リーファさんも頑張ってるって思うと、私も出来ること頑張ろうって思えます♪

「だいじょうぶ?だいじょうぶさ!」「ガムふんじゃった」、お子様にも
とても良さそうですね!
今度ぜひ読んでみたいと思います(^0^)/
  • posted by eri 
  • URL 
  • 2007.06/06 22:57分 
  • [Edit]

→リーファさんへ 

当時誰も目を向けていなかったであろう自然破壊にいち早く
気づき、行動を起こしたレイチェル・カーソンさん、ほんとにすごい
女性だったんだと教えてくれる絵本でした。

普段何気なく生活の一部としてしている行動が、どんなふうに
環境に影響をあたえるのかということに、
なかなか目が向かないこともありますよね・・・。
自分が空回りのように感じてしまうリーファさんのお気持ち、すごく分かります!
私も会社などで周りの人の行動がすごく気にかかってしまうことが
よくあるのですが、
”うるさいな~この子”と思われたくはないし、いつもジレンマです。
どうやったら自然に意識してもらえるかなってよく考えます。
少しずつでもこの気持ちが伝わったらいいですね(*^-^*)

「沈黙の春」が発表されてかなりの時が経っているので、中には
正しくない見解も含まれているかもしれないのですが
読めばきっと自然の大切さを再確認できる気がします。
こちらこそ、こうして素直な意見を交換できて、とても励みになります♪
  • posted by eri 
  • URL 
  • 2007.06/06 23:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

eri

Author:eri
カフェ・絵本・映画鑑賞・わんこが好きな1980年うまれ。
自然がいっぱい熊本の地からお届けします。

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。