喫茶うりぼう

日々の出来事を徒然なるままに綴ります。 お越しくださった方、管理人に声をかけてやってくださいませ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモスを見に②

さあ、生駒高原を後にした私たち。
道の脇に、「七折の滝」という看板を発見!
きょろきょろしながら進むと、ちょっと小さめの滝がありました。
確かにかくかく折れてます。
20071007204750.jpg

水が流れる部分だけ、岩が赤茶色。
水に温泉の成分みたいなものが含まれているのでしょうか。

滝の上に橋がかかっているような格好なので、全体が見づらい・・・
車をとめて、橋から降りてみることにしました。
辺り一帯、空気がひんやりしていて気持ちがいいです。
かわいいコケが生えてました。
20071007205939.jpg


岩の湿っているところは滑りやすいので、気をつけて歩かねば!
20071007205821.jpg


サンダルを脱いで水に入ってみると、すごく冷たい!
長くは浸かっていられないくらいです。
20071007204955.jpg


ひとしきり遊んで、さあ降りよう・・・と
父、私、妹の順に岩から岩へと下っていたときのこと。
ずるっ!!
ビルケンを履いた私の足が、湿った岩の上で見事にすべり、
どごっと右の腰を強打!
そしてそのまま滑り落ちそうになりました(><)

とっさに体を回転させて、滑りながら岩にしがみつく私!!
しがみついたところにとっかかりがなくて、
ずるる~~っと20センチほど滑ったところでなんとか止まりました・・・

こわかったよーーーーお母さーーーん!(居なかったけど)

そして父にお尻を支えてもらって(笑)、なんとか平らな足場へ。
ジーンズはすりつぶされた苔でところどころ緑色・・・
ここからはかなり慎重に降りました(^^;

自分がこんなファイト一発を地でいくなんて思いもよらず、
ほんっとにびっくりでした。
乏しい腕力で全体重を支えたので、指がつき指状態に。
高度はないけど岩がごっつごつしたところなので、
あのまま転がってたら、よくて全身打ち身だったと思います(><)
骨とか折れちゃってたかも・・・と想像するとぞっとする~~。

でも、喉元すぎればなんとやらで、無事車に戻ったら
みんなゲラゲラ笑い出す始末。
父なんて、「あんな必死な顔は久しぶりに見た」だって。

珍道中、あと少し続きます・・・
スポンサーサイト

Comment

 

eriちゃん災難だったねv-406
骨折しなくてよかったよ~v-355

必死な顔・・・
被害者は必死だよね
私もバイクで転ぶ時は 多分必死な顔してるはず(笑)
洋服着替えなくて大丈夫だったのかな???

 

き、危険だわ・・・・( ̄▽ ̄;)
こんなところで足を滑らせたら本当に大けがしそうですよね。
岩に頭をぶつけたら・・・何て思うと・・・・・ひゃーーー!
でも、滝がマイナスイオンたっぷりな感じで気持ちよさそうです。
打った腰は大丈夫ですか?

  • posted by リーファ 
  • URL 
  • 2007.10/09 14:18分 
  • [Edit]

→さほりんさんへ 

ほんと、あのままゴロゴロ~っといっちゃってなくてよかったです!
骨折ってしたことないけど、すごく痛いでしょうね(><)

さほりんさん、バイク乗れてかっこいいな~♪
でもケガがつきものですよね。
安全運転で楽しんでください!
洋服、着替えとか持ってなかったので、ばっちいままウロウロしました(笑)
  • posted by eri 
  • URL 
  • 2007.10/10 11:20分 
  • [Edit]

→リーファさんへ 

無事下界(?)に降りてからは笑い話になりましたが、
あんな岩だらけのところをがっつんごっつん落ちていったら・・・(><)

滝自体はひんやりした空気を味わえて楽しかったです!
きれいな水に足をつけると、疲れが癒えるような気がします(^^)
ご心配いただいた腰は、その日の夜にはなんともなくなってました(笑)
  • posted by eri 
  • URL 
  • 2007.10/10 11:22分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

eri

Author:eri
カフェ・絵本・映画鑑賞・わんこが好きな1980年うまれ。
自然がいっぱい熊本の地からお届けします。

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。