喫茶うりぼう

日々の出来事を徒然なるままに綴ります。 お越しくださった方、管理人に声をかけてやってくださいませ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜めぐり 前半

更新が遅すぎて、いつ行ったんだか自分でもわからなくなってきましたが、
えーーー・・・・・9月9日です。
横浜でお友だちに会う予定の日です♪
前日の疲れがイマイチとれていなかったのでのろのろ準備し、ホテルを出たのは9時半くらい。
電車で海浜幕張駅から横浜関内駅(予約したホテルの最寄り駅)まで行かなくてはなりません。これは田舎者の彼と私にとってはものすごい難問です。一応路線図も見ましたが、なんか色とりどりの路線がたくさんありすぎて不安になり、迷わずみどりの窓口へ。”どこどこ駅でなになに線に乗り換える”をしっかりメモして切符購入。
まず東京駅で乗り換えました。次のホームへといそいそ移動中、彼が「ねえ、切符買わなきゃ!」というので、さっき買った切符で横浜関内まで行けるんだよと説明。「あ、そっか」と納得。
さらに品川駅で乗り換えました。「切符買わなくていいの!?」と彼。また説明。電車をおりて、違う電車に乗るときは切符を新しく買わなければという
先入観がぬぐえないんですね(^▽^)ぷぷ!私よりいなかっぺ~。
東京駅で乗り換えるときは、どれにのったらいいか正直分からなくなり、
多分何本か電車をやりすごしてしまいました。ホームに入ってきた車両に「グリーン車両」と書いてあったため、「この電車は全部指定席だから乗れない・・・」と二人で困っていたのですが、車両ごとに指定席だったり自由席だったりするんですね!ということに数分後に気づき、あわてて指定席じゃない車両に乗りました。気づいたのは私だったのですが、彼に「頭いい!」と本気で褒められました。私たちレベル低い↓

あ、そうだ。横浜の次の駅、桜木町を通り過ぎるときはわくわくでした~。だってゆずの歌のタイトルになっている町だから!あれは名曲ですばい。

その後はあまりトラブルもなく、無事横浜関内に正午頃到着。
この日泊まるコンフォートホテル横浜関内は、駅からのろのろ歩きで(参考にならな
いデータだなあ)15分くらい。
まずはチェックインして荷物を置いて、中華街方面へ行ってみることにしました。
横浜スタジアム横を通り抜け、だんだん中華街ちっくな街並みになってきます。
彼が三国志の大ファンなので、まずは関帝廟へ。
この通り、すごくきらびやか。お香の香りが漂っています。
これだけの装飾を作るのに、どれくらいかかるんだろう・・・。
20060925154954.jpg

5本500円のお香を買って、香炉に順番にさしていきます。
20060925155029.jpg

それから中に入って、関帝の像の前でひざをついてお参り。
関帝の両脇にはお弟子さん2人の像が。
彼氏が色々説明してくれて気づいたのですが、関帝は、お顔がまっかっかでした!
表には子連れこまいぬ。
20060925155122.jpg


さあ、お昼ご飯を食べようということになったのですが、
どこが美味しいのか全然分からないし、お店がありすぎて困りました(^^;
結局「もうここでいいか」と適当に入ったお店(しかも名前忘れた)で
ブロッコリーの干し貝柱あんかけ、ねぎそば、春巻き、あと北京ダックも食べてみました。
20060925155208.jpg

お腹いっぱいになりましたが、ダックと鶏皮の違いがあんまりよく分からなかった・・・。
私としては干し貝柱のあんかけが好きでした。
うーん、もし次行くことがあったら、ちゃんとお手ごろな価格で美味しいところを調べておこうφ(・・;)
肉まんでも買って食べようと思っていたのですが、お腹に余裕もなく、このあと友だちとカフェに行きたかったのでやめました。あとはへいちんろうでお土産用に杏仁豆腐を買っただけ。
後半へ続く。
スポンサーサイト

Comment

 

都会の電車は私も全然わかりません(汗 特に地下鉄とか大嫌いです。
一回もぐったら全く方向がわかんなくなってしまいます。
ゆずの歌は全然わかんないけど、確か山崎まさよしの歌にも出てきますね、「桜木町」って♪
それにしても、写真だけ見たら中国みたいですねー。そして、お香の値段にびっくりです!!
  • posted by ちえみ 
  • URL 
  • 2006.09/26 17:43分 
  • [Edit]

→ちえみへ 

だよねだよね、特に熊本は車中心だから、バスだけでもうろたえちゃうのに、電車とか地下鉄とか猛烈パニック!
私は逆に山崎まさよしの歌がわからないけど、桜木町って出てくるんだね~。こぢんまりしたところを勝手に想像してたら、すごく都会だったよ(@@;) お香高いけど、彼につきあってつい手をだしちった。
  • posted by eri 
  • URL 
  • 2006.09/26 22:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

eri

Author:eri
カフェ・絵本・映画鑑賞・わんこが好きな1980年うまれ。
自然がいっぱい熊本の地からお届けします。

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。