喫茶うりぼう

日々の出来事を徒然なるままに綴ります。 お越しくださった方、管理人に声をかけてやってくださいませ。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にしみる、優しい映画

業務連絡---------------------------------------------------------
前回の更新から半年ほど経ってしまいましたが、イタリア旅行記更新しました(^^;
よかったらこちらにも遊びに来てくださいね♪
ウリボンジョルノ
----------------------------------------------------------------

先週末、旦那さんが風邪で寝込んでしまい、
お義父さん、お義母さんとお食事に行く予定がキャンセルに
なってしまいました。
看病しつつ、久々家でのんびりすることに。
編みかけのあみぐるみの続きをしながらDVD鑑賞しました(^^)

ず~っと気になっていて、やっと観た「ミス・ポター」。
miss.jpg

私にとって魅力的なキャスティングだったこともあり、とても良かった!
憧れの、イギリス湖水地方の美しい景色も堪能できたし♪
ミス・ポターが描いた紙の上のピーターラビットたちが動き出すシーンもすごく可愛いです。

感想の続きは、これから見られる方のために、一応追記で・・・

上流階級育ちでありながら、女性の社会的地位が低く、幸せになるには
結婚あるのみという思想の時代に強く生きたビアトリクス・ポターの波乱万丈な半生。
これがフィクションだったら、逆にちょっと単調に感じるかもしれないけど、
実在の人物のことだからこそ、感じ入るものがありました。
湖水地方の風景を守るために自らの資産をなげうって広大な土地を購入、国に寄付したりと
環境保護にも尽力した人だったんですね。全然知らなかったです。

レニー・ゼルウィガーは、あんまり美人とは思わないのですが(汗)、
なんだか好きな女優さんだな~。
この役は、彼女にしかできないって思わせてくれるような。
ミス・ポターもハマリ役だったと思います!
柔らかい、でも芯の強さを感じさせる女性像が。

(大好きな)ユアン・マクレガー演じるノーマンが、これまた素敵だった!
欲目もあると思いますが、誠実で、ユーモアあふれる紳士を自然に演じていました。
ビアトリクスにプロポーズしたあと、「イエス」の答えをもらったときの、
なんとも言えない泣き笑いのような嬉しそうな表情がいいです。
ビアトリクスの作品への思いを理解し、実現をサポートした彼がいなかったら、
ピーターラビットの世界的大ヒットは生まれていなかったかも?

ピーターラビットというキャラクターを生み出した、というだけでは終わらない、
素敵な女性のおはなしでした。
特に女性に観てもらいたいな。
ますます湖水地方に行ってみたくなりました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

eri

Author:eri
カフェ・絵本・映画鑑賞・わんこが好きな1980年うまれ。
自然がいっぱい熊本の地からお届けします。

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。